役員メッセージ

かつ便りNo.53 ~上手に年を重ねていきたい~

 みなさま 田中かつゑです。涼しくなってきたので、ニャンコたちの飼い主膝取りゲームが始まりました。幸せなんですが、膝の上での陣地争いは勘弁して…ストッキングなど履いていたら叫んでしまう。

 あと数年で還暦(Sixtieth Birthday)となります。そこで今のうちから少しずつ準備をせねば、と思いはじめました。そのため、成人式(Coming-of-age ceremony)あたりの自分と今を比べてみることにしました。

項目20代
好奇心怖いもの知らずで無鉄砲経験値と照らし合わせることを知る
許容範囲白黒はっきりさせたいグレーも良い感じ
周囲との関係自分でかたい殻を
作っていた感じ
来るもの拒まず去るもの追わず
健康への関心まるで無関心結構気を付けている
律する事出来ていなかったわ…少しはましになったかな

 丸くなりましたね…その分様々な物事に対して鈍感になったのでしょうか。

 外見に関しては、ファンデーションと口紅を付けなくなった、アクセサリーを付けなくなった、着物が好きになった、と興味の対象が変化しています。若さという武器が通用しなくなると、他にカバーする術を、身に付けるのでしょうか。面白いです。

 食生活でいうと、江戸時代の飛脚の食事(麦入り玄米ご飯、漬物、味噌汁、魚の塩焼き、たまに豆腐や納豆)の記事を目にしてから和食を心掛けています。そうしたら、よく発生していた口内炎が止み、お肌と髪の毛の艶が増えました。不思議なものです。

 このように、心身ともに変化していく我が身をしっかりと認識しどのように楽しもうか、が今後の人生を楽しむ大きなポイントになりそうです。ここで大事なのは若い頃のように興味・関心の赴くままに行動しなくなったことでしょうか。

 上記の様に変化した自分をしっかり見つめ(目尻の皺もしっかり受け止め)、その変化により、良くなったことを探し(体力に見合った楽しみを見つけ)、長く興味を持てることをゆっくり選び(人間関係もゆるやかに)、明日に繋がる毎日を過ごしたい。そんな風に思います。

  • 自分の中で、今大事なことは何か 
  • 今後の自分に必要なものは何か 
  • どんな人付き合いをしたいのか 
  • そして、私はどんなおばあちゃんになりたいのだろう

 これらを軸にした新しい目標が必要なのだな…と自覚しました。

 さあ、手始めにあつらえた着物を着て、能でも鑑賞しましょう。初めての体験できっと何かワクワクが見つかると思います。着物姿でいると、自然と背筋が伸び、歩行や所作が上品になります。引きずられて言葉使いにも気を使うようになります。動作がゆっくりとなるので、インナーマッスルが鍛えられます。そしてなぜか、色々な方から話しかけられることが増えるのです。

 今が1番若い私。その私の未来を創るのは間違いなく今日の積み重ねの私。10年後に、そのまた10年後をワクワクして想像できるよう、年月を重ねていきたいものです。