役員メッセージ

かつ便りNo.69 ~お誕生日~

 みなさま 田中かつゑです。飼い猫で、歯槽膿漏の治療が完了した仔がおりますが、今までと比べると食欲がおよそ倍になりました。自分の分のご飯を食べ終わると「お代わりが欲しいです。」とお茶碗の前でお行儀よく待っています。ちょっとだけね。キミはそうでなくても大きい仔だから、食べすぎ注意なのよ。

 お誕生日を迎えました(ぱちぱちぱち)。いくつになっても嬉しいものです。自分だけの節目でもあり、特別な日。イベントの在る無し関わらず何となくウキウキしてきます。何故でしょう。自分が次の目標に向かえる気がするからかもしれません。思い返すこと1年前、去年の私の目標は「未体験の事をやってみる」でした。具体的には、新たな習い事を2つ。交友関係も新しくなり、それらの習い事を軸に自分の関心事も幅が広がったこともあり、思い切ってはじめの一歩を踏み出して良かったなと素直に感じます。

 そして今年は…「必要なものを見定める」にしています。衣食住に始まり物理的なものと心理的なもの。それらを今後の老年に備え、本当に必要なものをしっかり見定めていきます。そして自分の手元に残したものに関しては惜しみない愛情を注ぎたい。そんな風に考えています。

 そのためにも自分の価値観と今後どのように生きていきたいかの軸をしっかり持たねばならないので、一筋縄ではいかない感じですね。今年1年考えたり悩んだりすることが増えそうです。

では…年の数だけ蝋燭をともした(無理!)ケーキを食べながら始めることにしましょう。

・自分の興味の方向に関して

  1. 未知なるものでやってみたい事はこれまでのように一歩を踏み出します
  2. 今やっていて続けたい事は工夫しながら新しい発見を探します
  3. 楽しいし嬉しいけれど堪能してしまった事は切り離す準備をします

・自分の気力と体力維持のために

  1. 季節を問わずハイキング等体力作りを楽しめるよう、服装と備品を備えます
  2. お客様とお会いする時、失礼なきよう和服はしっかり手入れをします。但し数は増やしません
  3. ネガティブな情報源(書き物など)や流行にとらわれる装飾品は手放すことにします

・自分に万が一のことがあった時に備えて

  1. エンディングノートをしたためます
  2. 押し入れにしまい込んである私物(子供たちから見たらガラクタ)はどうして欲しいか明記します
  3. 大きい家具や調度品の引き取り手を探します

 こうして、まずは3.に相当するものを手放すための判断をしていきます。今我が家にあるものはそれぞれ、何かの理由があってそこに存在しているもの。手放すとなると思い出がどんどん湧いてきて、きっと作業は遅々として進まないでしょう。けれど、私はもうすぐ還暦の身。生まれたときと同じ暦に還る(赤ちゃんに還る)のももうすぐですから、まっさらな気持ちになり新たな極致を開きたいと思います。今年はその準備期間と考えるとしっくりきますし、新たな自分を想像するのもワクワクします。まるで生まれ変わるかのようですね。

 お誕生日を迎えられるのも、自分が元気でいられる証だと思います。持病や今後の健康不安はないと言ったらうそになりますが、それも自分の一部。我が身を思いやり、周りに感謝しながら新たな1年を楽しく過ごしていきたいと思います。楽しいは自分で創り出すものですからね。