役員メッセージ

かつ便りNo.99 ~ニャンコご紹介 その2 ~

 

 みなさま 田中かつゑです。この「かつ便り」もそろそろ3桁と回を重ねたので、中休みとして我が家のニャンコたちを順番にご紹介します。2匹目です。

No.2 るいちゃん(女の子)

 2013年の晩秋に野良猫の保護活動をされていらっしゃる方から譲り受けました。生後3ヶ月弱。No.1 そうちゃん、No.3 ああちゃん、No.4 へいたと一緒に捨てられていたそうです。

「アタチね、可愛いのよ。アタチを抱っこしなさいよ。撫でなさいよ。だって、アタチ可愛いから。」

(この仔はとっても甘えん坊。いつも自分が可愛がってもらえると思っています。ほわほわの毛、柔らかい身体。甘えた声。人が大好き!)

「おかあしゃん、何食べてるの?アタチも~アタチも~!!!」

(人が何かを食べていると、自分も食べられると思うらしく、手を伸ばしてきます。クッキーを食べていたら遠くから飛んで来まして、私に体当たり。びっくりしました。猫の身体に良くない物はあげませんけどね。)

「抱っこ、抱っこ!……お爪切ってるのん?アタチ良い子だから平気なのよ。」

(この仔も爪切りが楽です。)

「ブラシして~、うふふ」

(彼女はブラッシングが大好き。されるがままにうっとりとしています。)

「おかあしゃん、おかあしゃん、おかあしゃん、ん?呼んでみただけ。」

(るいちゃんはおしゃべりをします。私に話しかけてきたりもします。言葉ではない何かで繋がっていると勝手に思っています。寝ていても、律儀にお返事を返すんですよ。)

「アタチ知らない人怖いの…おかあしゃんがいいの。」

(なにげに人見知りです。加えて勝気なくせに、すぐにシュン…となっちゃいます。)

「あっ、おかあしゃん、ゴム?ねえ、それゴム??ちゃうだい!」

(ヘアゴムが好きです。私がポニーテールをしていると、そのゴムを取ろうと必死に髪の毛を噛んできます。痛いです…さらに興奮するとゴムを食べてしまうので、こちら側人間もとられまいと必死です。)

「ねぇ、おかあしゃん、アタチ眠いのよ…」

(私の膝の上で、いびきかいて寝ます。お嬢さま、いびきはちょっとはしたないですよ。)

「あっ、ドアが開いている。ねぇ、アタチ行っちゃうけどお…いいの…?」

(出ると怒られるって知っているんですね。開いたドアの前でモジモジしています。)

「アタチねぇ、ビョウインってとこだと固まるの。」

(怖いんですね。私にしがみついてきます。鳴くのも忘れてしまったかのように、じっとしています。病院からの帰り道では【怖かったのよぉぉぉ~】と叫ぶこと。)

「おかあしゃん、ねえねえ。おかあしゃん、ねえったら。」

(彼女は私の足元にまとわりついてきます。後追いしてきます。他の仔が寝ていても、人が起きていると頑張って自分も起きてます。なので、私がいる土日ははしゃぎまくり、月曜日は死んだように眠っています。疲れたのね。)

自分が一番と信じて疑わない永遠の三歳児みたいなお嬢さま。【るいちゃん】でした。